釜山窯と對州窯について

古来朝鮮の窯業は、官窯と民窯との二つの本流があり、この二つの流れが、時が移るに従って中国の南北諸窯の影響を受け、これが日鮮の歴史的事件を背景に、陶工と作品が日本に流れ込んでいる。

朝鮮のあまり関知しないところで、朝鮮のものに対して日本の茶人の作った一つの世界がある。それは用途上の選択から発達した高麗茶碗である。

驚くべき観賞眼によって見出され、まずこの楼閣の礎石を置いたものは、足利期における義政の茶僧珠光(じゅこう)です。

紹鴎が骨組を作り、利休が壁を塗り、織部と遠州とが室内装飾をした。これは夢と現実とを搗(つ)きまぜた樓閣です。

足利時代の終りから戦国を経て豊臣の時代に至るまでに築き上げられた高麗茶碗の価値は、遂にその一個と一国一城とも取り換えるまでになる。

高麗茶碗には、2つの流れがある、

その一つは

朝鮮の陶工に、日本でこの茶碗を作らせようとした計画である。

九州の名護屋(現在の佐賀県唐津市)を中心として、九州諸藩のお窯焼きとなり、この茶碗窯が焼物窯になり、現在の窯業となった。

もう一つは

諸藩の御窯焼きに対して、徳川幕府が本家本源の朝鮮において対馬の宗家に運営させた釜山窯である。

将軍の注文によって見本を示し、釜山の和館において作らせた。これは注文による誂(あつら)え向きの御本茶碗である。これが諸藩に支給され、本元(ほんもと)で作った茶碗の拝領品とあって、始めから珍重された。朝鮮臭いところもあれば、日本臭いところもあり、これが徳川家光の時代から80年にわたって行われた。